ミニマルおじさんのブログ

最近はミニマリストというよりかは、シンプルに丁寧に生きたいおじさん。

腕時計について考えてみる。

先日、去年買ったスマートウォッチが壊れた。

 

持病のため、血圧を測る必要があったので、悩んだ挙句に購入したんだけど、このところ、スマートウォッチ曰く、毎日182/95mmhgだとのことでして、体調がMAXで悪かった時ですら、叩き出したことのない数値を告知し続けられた日にゃ、流石にもうこれはダメだろってことで捨てた。

 

予想以上に使い勝手はよかったので、新しいものを買い直すことも考えたのだけど、どうしても、一年持たなかったのを、改めてもう一度買う気にはならなくて結局買い直すことはしなかった。

 

しかし、習慣とは恐ろしいもので、ほぼ毎日ほぼ24時間、腕にスマートウォッチをつけてたおじさんだったわけで、腕になにもつけていないことが逆に気持ち悪い。

 

そういうこともあって、数年前妻とお揃いで買って、置き時計として使っていたチープカシオを腕にしていたのだけど、つけていくうちにどうしても耐えられない不満が見つかって、それは、この時計時間はわかるが、日付がわからないのだ。

 

自分でも意外な発見だったのだけど、スマートウォッチをしてた時、結構な頻度でスマートウォッチで日付を確認していた。

 

当然こいつも習慣づけられてますから、時計を見ては、あ、そうだ、これは日付分かんないんだと。で、数分後、また時計見ては、あ、そうだ、日付分からんのだと。これを1日にいや、1時間に何回も何回も繰り返す。そう、これはもうストレスですよね。

 

で、困っていた時、はたと思い出したのが、まだ処分できていなかったSWATCHのSISTEM51のこと。

 

数年前一目惚れして買って、毎日つけていたのだけれど、いつのまにかしなくなった一品。そいつをひさびさに引っ張り出してきて、使ってみたのだが、あれ?と思うぐらい使い勝手が良くなくて。いや、これはちゃんと言っといたほうがいいな。使い勝手が悪く感じるのは完璧に僕が劣化したからであって、単純にチープカシオに見慣れすぎてしまったせいか文字板に数字がないと時間がわからないの。数字がないから時計を見ても、数秒考えてからでないと時間がわからないの。

 

というわけで、今日昼飯を食いながら、これはもう二つの時計を手放して、シンプルで日付の分かる時計に変えようと固く決意をした訳です。ちなみに買おうと決めたのは、これ。

 

で、会社帰りに電気屋さんに寄って見てきたのだけど、実物見ると正直ピンと来ず。手にとっては、んーと唸って、戻して、手にとっては、戻して、唸ってから、手にとって、戻して、手にとって、んーと唸って、、、数分と繰り返していたら、隣にいた妻が見かねて、スマートウォッチが気になるというので、スマートウォッチ売り場に行って物色してもピンと来ないわーと、、、Googleでスマートウォッチと調べてみたら、先日Mi Band 3が発売されたとか…

 

とりあえず、当面、妻とお揃いのチープカシオで頑張ってみたいと思います。