ミニマルおじさんのブログ

最近はミニマリストというよりかは、シンプルに丁寧に生きたいおじさん。

食べログと私

その昔住んでいた街に食べログの評価がやたらと高い店が当時2軒あった。

 

1つは雑誌とかにもバンバン出てるような有名店。何度か行ったことあるけど確かに美味。評価が高いのも納得できた。

 

ただ、問題なのがもう1つの店。その店は行きつけの飲み屋で、めちゃくちゃ大好きな店だったのだけど、常連として言わせていただく。違うの、あの店は評価が高くちゃいけない。

 

だって、メニューに「SABA NO MIZUNI」って書いてあったんで頼んだら、目の前で缶詰開け出すんだよ?皿に移して、ネギ散らして「お待ち!」って出すの。いや確かにうまいけど!!

 

他にもカップラーメンってメニューもあって、頼むと某社のカップヌードルを取り出して、お湯入れてくれて、「お待ち!」って出してくれるの。確かに〆には間違い無いけど!!

 

お酒も基本濃いので、すぐにべろべろになってしまう。店行って翌日二日酔いじゃなかった日がなかったんじゃ無いか?

 

でも、ぶっちゃけ私にとっては「料理や酒」<<<<<<<<<「マスターや常連さん」な店だったんです。だから、私にとっては飯や酒がデタラメであっても、居心地は最高だったんです。飯とかは正直どうでもよかったんで。

 

それはどうやら常連さんも同じように感じていたようで、食べログよくよく見たら常連さんの二人ぐらいが高評価をつけてた。そして案の定料理よりマスターの人柄を褒めていた。

 

ある日、なんでそんな話になったか忘れたが、マスターに食べログの評価が高いことを教えた。

 

すると、「この街で俺の店が◯◯さん(もう一つの評価が高い店)と同じなの?ええ?ほんと?本当に?困るよー!困るよー!忙しくなっちゃうじゃん!」って、本当に困った感じで言っていた。

 

その時、期せずして評価されてしまうことの面倒さ、迷惑さみたいなことに気付かされたのだが、マスターは続けて、「そういえばよ、この前若いのが2人来たんだよ。すごく楽しみみたいなこと言ってたんだけど、すぐ帰ってったんだよな。あれ、そうだったのかな?たとしたら、悪いことしたな。」

 

いやいや、悪いのはマスターではない。てか、この話に悪い人なんて誰一人いない。

まくら問題

おじさん、または近くにおじさんがいる人なら分かってくれると思うんですが、まあ、まくらが臭い。

 

洗濯してはいるのですが、でも、気がつくと臭くなる。だからといって、そう頻繁に洗濯できるもんでもない。

 

ファブリーズを吹きかけたりしてみてるんだけど、根本解決にはならず。

 

さて寝るかと横になってからプーンと不快な臭いが鼻を突き刺す。

 

不快だ。とても不快。そして、をな非常に困った。

 

そこで、ない頭使って考えてみた。ちょっと考えてみた。

 

そうか、バスタオル枕か。

 

 

バスタオルを折って、くるくる巻いて、髪を結ぶゴムで止める。こいつを首の下に置いて寝る。

 

臭くなれば洗えばいいし、なんでもストレートネックにもいいらしい。

 

こいつはいいじゃない。そこで、妻に相談し、バスタオルと髪留めのゴムを借りて、早速使ってみた。

 

で、昨日寝てみたが、特に違和感なく寝れた。

 

いいじゃないか。当面これでやってみよう。

 

そして、これで良いとなれば枕とお別れし、使わないと決別したバスタオルに詫びを入れて、新しい枕を作ったらいいな。

 

そんな感じで日々やっております。

 

たまにはこういう文章書きたかってん。

 

虎視眈々と淡々といや、粛々と進めているプロジェクトが軌道に乗り出してきた。

 

まあ、時期とかきたらそのうちブログに書きますが、なんと言いますか、真っ黒な中一筋の光が見えた時に言われて思わず泣いちゃいそうになった「これも何かのご縁ですから」の一言を大事にしていきたいと思った。

 

そして、その機会を設けてくださった友人にはもう感謝しても仕切れない。ありがとう。

 

いけない。あまりにも嬉しくて祝杯を重ね過ぎてしまった。現在、昨今の気候のお陰での不眠やら疲労やらが凝り固まった状態での酩酊一歩手前状態の私ですから、普段はめったに顔を出さない私の中の熱い部分の導火線に火がついちまったよ!ハートに火がついちまったよ!

 

ま、明日朝起きて赤面のまま削除ボタンを連打することになるかもしれないが、まあ、いいじゃない。

 

だって、たまにはこういう文章が書きたかってんから。

 

もう、こんだけ嬉しい気分で入眠できるのもだいぶ久しぶりだ。

 

ありがとう。感謝。多謝。ダンケシェーン。謝々。サンキュー。

 

感謝の言葉を言いすぎても言い切れない。そんな夜です。

 

追伸:

たまに口ずさみたくなる。

近所の八百屋の話

近所に八百屋さんあるんです。私、そこが結構好きでね。 

 

地域に根付いてる感じがいい感じだし、なんたって野菜なり果物がお手頃。そして、おそらく農家の方とよろしくやってるようなので新鮮。

 

でも、行く頻度がかなり少ない。なぜか?

 

理由は単純で支払いが現金払いだけだから。

 

そうなんです。普段現金持ち歩かないのでそもそも買えないんです。

 

お散歩中にお店の前を通ることが多いのだけど、お金持ってないから素通り。美味しそうな果物が店頭並んでても歯を食いしばって通り過ぎるか、我慢できないとダッシュで財布を取りに帰るか。まあ、物臭ですからあまり財布取りには帰らないけど。

 

最近夫婦で葡萄にハマっているんです。妻に誘われて3件ぐらいタピオカ屋さんを回っていたが、2件目ぐらいで気がついた。

 

2人でタピるぐらいならシャインマスカットを食べた方が満足度が高いんじゃねえか?って。いや、マジで。知ってる?シャインマスカットってうまいんだから。

 

先日発作的にシャインマスカットが食べたくなった。普段よく行くスーパーの青果コーナーで探してみたが、安月給、ちょっと手が出せない。悲しいかな。

 

悲しくて悲しくてとてもやりきれないまま、青果コーナーを後にしており、失意のまま、気がつくと近所の八百屋さんにいた。

 

すると、そこにはお手頃なシャインマスカットが大量にあり、ここはパラダイスか?ってぐらいあった。

 

ただ、先程書いたように普段財布持ち合わせていない。当然その日も現金がなかった。買えない。

 

ため息を一つついて帰ろうとしたその瞬間、店に貼られた一枚の貼り紙が目に入ってきた。

 

なんだよ…なんなんだよ…いつの間に…いつの間に!PayPay使えるようになったんだよ!

 

そうなんです。使えるようになっていたんですよ!奥さん!

 

というわけで、無事シャインマスカットを買って帰ることができました。とても美味しかったです。

 

めでたしめでたし。

 

そうか。八百屋さん導入してくださったんだな。

 

ちょっと前までPayPayの近くのお店を検索する機能で近所の導入店舗を見るのが趣味みたいな感じだったんだけど、いつの間にかポイント還元対象店舗検索アプリに置き換わっていた。ほら悪名高いあのアプリですよ。あれ。

 

別にポイント還元したいわけなどなく、シンプルに地図を見るのが好きだからっていうのと、使いづらいなーわかりづらいなーって思いたいってだけで置き換わってました。

 

にしても、ポイント還元対象店舗検索アプリどうしてあんなことになったのかしら?使いながら、それを考えるのが最近の日課です。

梅酒の話

https://www.instagram.com/p/B1_qKFGg2dL/

漬けてから3ヶ月経ちました。ちょっと飲んでみましたが、うまし!#梅#梅酒#梅酒作り #丁寧な暮らし#丁寧な生活 #シンプルライフ#シンプリスト#ミニマリズム#ミニマリスト

 

つけていた梅酒の話をしましょうか?

 

普段梅酒は飲まないんですが、梅シロップを昨年からしこたま漬け続けたら、そりゃあ漬けたくなりますよね。

 

なので、今年作ってみた。

 

つけ始めてから3ヶ月経過。試しに飲んでみた。

 

う、うま過ぎる…

 

うま過ぎるよー!!

 

梅入れて、角砂糖入れて、ホワイトリカーを入れて、3ヶ月待っただけなのに、なんでうまいんだ。

 

聞くところによると1年つけたほうがうまいらしい。

 

が、これは我慢できるか?

 

それが最近の悩みです。

 

 

 

 

大阪旅の宿について

先日の大阪旅行の話せっかく行ったし、もうちょっと引っ張ってみますか?

 

前回までのあらすじ

 

 

 

 

宿の予約はAirbnbを使いましたよ。

 

 

予約した時点では気がつかなかったのですが、行ってみてびっくり。なんと介護施設でした。

 

今も介護施設として使われているのか、過去介護施設として使われていたのかは分からないけど、介護施設の空き部屋に3泊した。

 

3泊過ごしたけど、特に不満もなくとても快適。なのに、とても安かったから満足度もうなぎ登り。

 

だって一家で一晩4000円とかだよ?安くないかい?

 

Airbnbを駆使していろんなところ、まだ行ったことない街に行きたいなって思っている今日この頃です。


(多分大阪旅行話は今回で終わりかと)

お薬手帳アプリの弱点

最近お腹の調子が悪くてね。

 

お食事中の方には申し訳ないのだけど、ちょっと油断するとトイレに駆け込んでシャーって。

 

で、先日朝起きたら、シャー!に加え、ポンポンが痛い痛い痛いー!!!!ってなって、朝の忙しい時間なのに、数分ごとにトイレ駆け込む羽目になった。このままでは会社に行けない、これはいかん!っていうことでお休みをいただいてお腹を押さえながら病院に行ってきた。

 

初めて行った胃腸科の病院。普通の町の病院。なのにというと失礼だが、結構デジタル化されてた。

 

受付で番号書かれた渡されて、モニターに番号出たら診察室行くみたいな。便利。あとカルテも電子化されてた。まあ、最近は当たり前なのかな?カルテ電子化は。もうドイツ語で書かないのかな?

 

あ。でも、やはりといえばやはりなんですが、当然、お会計はキャッシュレス化されてませんでした。

 

でも、その辺りの愚痴は前回やりましたので、今回はやめておきます。まあ、前回のやつをお読みいただければと。

 

 

で、今回ちょっと思ったことを書いてみる。

 

私、前にもこちらで書かせていただきましたが、お薬手帳はアプリ化してるんです。

 

 

 

お薬手帳アプリはとても便利ですね。

 

病院で処方箋出してもらったら、その場で写真撮ってネット予約しちゃう。で、薬局にまで歩いていけばもう用意されてる。なんなら用事を済ませてもいいぐらい。用事済ませて自分のタイミングで薬を取りに行ったらいい。

 

そして、薬の情報は自動連携される。だから、わざわざ登録することもない。いつ薬をもらったから振り返ることもすぐにできる。おそらくこれが役立つのは確定申告のシーズン。これについてはその時思うことがあれば改めて書くかもね。

 

こんなにいいことだらけのお薬手帳アプリ。ただ一つ弱点を見つけてしまった。

 

お薬手帳アプリの弱点

 

初めて行った病院だと必ずあるんだけど、今飲んでいる薬を申告するんです。アプリだとそれが手間になる。

 

今日は先生に一つ一つ薬名を読み上げ、電子カルテに打ち込んでいただいた。でも、厄介な名前が多く読み間違えたり、先生は先生で分野違いの薬については聞き慣れないらしく、ん?なんだい?みたいなやりとりがあった。

 

以前別の病院に行った時は、問診票に今飲んでいる薬について記載する項目があった。なので手書きで書いた。それ自体はアプリを見ながら転記してけばいいんだけども、手間は手間。そして、項目が小さい。私ぐらいの薬飲みになると書ききれない。結果小さい文字で書く。そして問診票を先生は読み取ることができず、結局診察の時聞かれる。

 

こういう時は紙のお薬手帳の時なら、これとこれを飲んでると言って、手帳渡しちゃえばよかった。そしたらコピーするなり、見ながら打ち込んでいただいたりすればいいでしょ?

 

でも、アプリだとそれができない。

 

なんか勿体無いなぁ…自動的にお薬情報は手に入るのに、電子カルテもそちら側でお薬情報持ってる訳でしょ?うまいこと連携できたらいいのにね。

 

それこそ例えば、アプリにQRコード表示させて、そいつを電子カルテ側につけた読み取り機で読み取るなどできないものか?

 

そうなれば、確実にお薬情報を連携できる。読み間違い、打ち間違いとかなくなる。確実な情報が連携される。

 

どうだろう?別にQRコードにこだわる必要はないので簡単に連携できたらなあと思った次第。LINEのふるふるみたいなのでも全然平気。やり方は任せる。

 

と、ここまで書いてどうだい?みたいな感じでいますけど、まあ変わることはないんだろうなぁ。

 

あると便利なことは便利なんだけど、今飲んでいる薬を申告するケース少ないだろうしね。

 

私の経験だと初めて行った病院で毎回聞かれるぐらいだ。

 

そう考えると頻度としては低いか?だって、飲んでる薬があって、アプリ使ってて、その病院に初めてくる人なんてそういないだろう。

 

あ、でも、どうなんだろう?私が飲んでる薬が変わってないんでアレなんですが、「先生、飲んでる薬が増えたんです」って申告するケースあってもおかしくないよね?

 

にしても、頻度は少ないのか…そのあたりわざわざシステム化するにら値するかは微妙そうだ。

 

ともあれ、お薬手帳アプリと電子カルテのデータ連携ができたらなあって思った次第。

 

そうしたらお薬手帳アプリどんどん広まってくんじゃないのかなあ?

 

いや、それとこれとは別か。単に知られてないだけか?

 

過去、調剤薬局で待っていて別のお客さんがお薬手帳アプリを使ってるところを見たことがそんなにないな。

 

便利だよ。わざわざお薬手帳持ち歩かなくていいんだから。そして、もしなんかあった時、しまった!お薬手帳、家だ!なんてこともないしね。

 

ほら、お薬手帳持参すると薬代やすくなるでしょ?

 

 

大抵の人、突然病院行く時でもスマホは持ってくだろうから、お薬手帳アプリですって言えばお代安くなる。

 

そうやってアプリを使う人がどんどん増えてくれたら、今日描いたことが現実味を帯びてくるのでは?なんてちょっと思いました。

 

ではでは。