ミニマルおじさんのブログ

最近はミニマリストというよりかは、シンプルに丁寧に生きたいおじさん。

やってしまった…

やってしまった。やってしまったのである。いつかやってしまうだろうなぁと思ってたけど、やってしまった。

 

いや、先日スーパーで買い物したんです。で、PayPayで支払ったんです。

 

ピッピッピって金額を入力して店員さんに見せて確定ボタンを押そうとしたら、誤って数字を押してしまった。

 

要は、1000円の買い物したんだけど、支払いを10000円にしてしまったみたいなことになったわけだ。

 

しまった!と思うと同時にあれ?こういう場合ってどうするんだ?って思った。分からなくてパニックになった。

 

正直に店員さんに相談したところ、支払いすぎた差額をお釣りとして渡すとのこと。さっきの例だと9000円をお釣りにするってこと。

 

思わず、なるへそって声でかけた。そうかそれでいいんだって。

 

で、お釣りを受け取ったんだけど、まあ小銭ジャラジャラですよね。さっきはわかりやすい例として9000円と書きましたが、実際はよくわからない額支払ってしまったわけですから、それは小銭ジャラジャラです。

 

小銭ジャラジャラから脱却したいということです、キャッシュレス化推し進めてたのに、その一環としてPayPay支払いしてたのに導入してたのに本末転倒な感じ。

 

だし、なんたって店員さんに迷惑をかけてしまった。そこが自分としては耐えられない。だから次からは押し間違えないように注意する。

 

皆さまもお気をつけくださいませ。

気になる財布

 

 

 

自分用のメモみたいなもんです。

 

ツイートしたように数年前に買った財布がボロボロになりつつあるのです。

 

なんでなんかいい財布ないかなーって探した結果、SITUSの財布がなんかいい感じだった。

 

 

にしても、定期的に財布が気になるおじさん。過去にも数回ブログに書いてたりする。主なものをいくつか。

 

 

 

 

困ったときの財布頼み。

 

てか、Crabby Wallet導入したじゃない?で、たまに二つ折りの財布を持ち歩くじゃない?もうストレスなんですよね。満員電車とか財布が気になっちゃって仕方がない。

 

やっぱ財布は小さいに限るよ。

今年もかりんの蜂蜜漬けを

そうか、バチェラー3の感想からブログを更新していなかったのか…

 

正直何書いたらいいかめちゃくちゃ悩みました。そしてほんまに真剣に、真剣に考えて気づいたんです。今日僕かりんの蜂蜜漬け作ったって。感動しましたね。ほんまにありがとう

 

https://www.instagram.com/p/B5DNu2mAoCN/

今年もかりんの蜂蜜漬け作ってみた。#かりんのはちみつ漬け#かりん#花梨#シロップ#風邪対策#丁寧な暮らし #ていねいな暮らし #シンプルライフ#シンプリスト#ミニマリズム#ミニマリスト

 

出来上がりが楽しみです。そこに関しては何の嘘もないです。

バチェラー3と僕

 


このところ何かと話題のバチェラー3にすっかりハマりましてね。ここ数日でようやく見終えたました?

 

が、「さて、感想でも書くか!」って、てんでなってない。むしろわざわざ火中の栗を拾いに行くのもなんかなあって思ってるし。

 

なんだろう?そもそも存在は知ってて、で、風の噂でなんか凄いことになってるって知り、そこから大量の星一つのレビュー味わってからの大ハマりなんですよね。

 

だから、そもそも振り上げる拳がない。つまり、このブログが振り上げた拳の落とし所になる事はない。だって、残酷ショーだと分かった状態で見に行ってますから。やり口当たり屋みたいなもんですよ。

 

だから、あえて感想文を書くとこんな感じか?

 

「きょうぼくはすうじつかけてバチェラー3みおわりました。そこにはにんげんのいろんなぶぶんかいっぱいつまっててとてもおもしろかったです。ぼくはもうけっこんしているので、バチェラーみたいにはなれないけど、うまれかわったら、でもやっぱり、バチェラーをみるがわのにんげんのままでいいなあっておもいました。にんげんばんざい!」

 

 

 

まくら問題その後

まくら問題ちょっと前に書きました。

 

 

おじさんですから、すぐ臭くなるって話で、対処としてバスタオルをクルクルと巻いて両端を髪留めのゴムでとめたバスタオル枕でしのいでるって話なんですが、結論。やめた。

 

なぜか?

 

なんかこのところずーっと背中が痛くてね。バスタオル枕始めたぐらいから。そうなると原因は明白でしょ?

 

なんで、やめましたとさ。

 

という訳で、臭いまくら問題再発しております。

食べログと私

その昔住んでいた街に食べログの評価がやたらと高い店が当時2軒あった。

 

1つは雑誌とかにもバンバン出てるような有名店。何度か行ったことあるけど確かに美味。評価が高いのも納得できた。

 

ただ、問題なのがもう1つの店。その店は行きつけの飲み屋で、めちゃくちゃ大好きな店だったのだけど、常連として言わせていただく。違うの、あの店は評価が高くちゃいけない。

 

だって、メニューに「SABA NO MIZUNI」って書いてあったんで頼んだら、目の前で缶詰開け出すんだよ?皿に移して、ネギ散らして「お待ち!」って出すの。いや確かにうまいけど!!

 

他にもカップラーメンってメニューもあって、頼むと某社のカップヌードルを取り出して、お湯入れてくれて、「お待ち!」って出してくれるの。確かに〆には間違い無いけど!!

 

お酒も基本濃いので、すぐにべろべろになってしまう。店行って翌日二日酔いじゃなかった日がなかったんじゃ無いか?

 

でも、ぶっちゃけ私にとっては「料理や酒」<<<<<<<<<「マスターや常連さん」な店だったんです。だから、私にとっては飯や酒がデタラメであっても、居心地は最高だったんです。飯とかは正直どうでもよかったんで。

 

それはどうやら常連さんも同じように感じていたようで、食べログよくよく見たら常連さんの二人ぐらいが高評価をつけてた。そして案の定料理よりマスターの人柄を褒めていた。

 

ある日、なんでそんな話になったか忘れたが、マスターに食べログの評価が高いことを教えた。

 

すると、「この街で俺の店が◯◯さん(もう一つの評価が高い店)と同じなの?ええ?ほんと?本当に?困るよー!困るよー!忙しくなっちゃうじゃん!」って、本当に困った感じで言っていた。

 

その時、期せずして評価されてしまうことの面倒さ、迷惑さみたいなことに気付かされたのだが、マスターは続けて、「そういえばよ、この前若いのが2人来たんだよ。すごく楽しみみたいなこと言ってたんだけど、すぐ帰ってったんだよな。あれ、そうだったのかな?たとしたら、悪いことしたな。」

 

いやいや、悪いのはマスターではない。てか、この話に悪い人なんて誰一人いない。

まくら問題

おじさん、または近くにおじさんがいる人なら分かってくれると思うんですが、まあ、まくらが臭い。

 

洗濯してはいるのですが、でも、気がつくと臭くなる。だからといって、そう頻繁に洗濯できるもんでもない。

 

ファブリーズを吹きかけたりしてみてるんだけど、根本解決にはならず。

 

さて寝るかと横になってからプーンと不快な臭いが鼻を突き刺す。

 

不快だ。とても不快。そして、をな非常に困った。

 

そこで、ない頭使って考えてみた。ちょっと考えてみた。

 

そうか、バスタオル枕か。

 

 

バスタオルを折って、くるくる巻いて、髪を結ぶゴムで止める。こいつを首の下に置いて寝る。

 

臭くなれば洗えばいいし、なんでもストレートネックにもいいらしい。

 

こいつはいいじゃない。そこで、妻に相談し、バスタオルと髪留めのゴムを借りて、早速使ってみた。

 

で、昨日寝てみたが、特に違和感なく寝れた。

 

いいじゃないか。当面これでやってみよう。

 

そして、これで良いとなれば枕とお別れし、使わないと決別したバスタオルに詫びを入れて、新しい枕を作ったらいいな。

 

そんな感じで日々やっております。